思い出(記録のために長文です)


またまた暑くなったスマ家地方です。

すごく暑くなった土曜日、家族みんなで八王子の霊園へ。
父の七回忌法要のために。
スマも連れて、ただし霊園には入れないので、
駐車場の近くの涼しいところでお留守番。
そんなに大きな霊園ではないので、安心です。



d0129780_2342273.jpg
写真はすべて記事とは関係ありません。

今回は家族だけで、お寺さんに来ていただいて
お経をあげていただき、そのあとお墓参り。
そして家に帰ってお食事と、簡単に・・・
父にはそれで勘弁してもらいました。



2005年は我が家は大変な一年でした。
その前の月の12月25日にスマがうちの子になりました。
そのころネエネはアメリカに留学中。
私とパパさん、バアバとジイジの四人暮らしでした。
d0129780_2363450.jpg






あけて一月。
パピーで大変なスマの子育てに奮闘中。
その中旬に栃木で入院していた義母が亡くなりました。
パピーのスマをバアバ一人に任せるのは大変なので、
スマはブリーダーさんの所へお里帰り。


ただブリーダーさんの所は、我が家からちょっと遠いのです。
その後法事も多くなるだろうと、我が家の近くで色々探したら、
ちょっと良いペットホテルがありました。
そこは時間で預かってくれるし、もちろんお泊まりも、
そして昼間はフリーにしていてくれます。
当時は無料で送迎もしてくれたし。
それからしばらく何度もお世話になりました。

この年は他に甥っ子、姪っ子の結婚式が三回も・・・・・
とにかく忙しかった!

d0129780_2372134.jpg




そんな9月の中旬、ジイジが急逝しました。
高血圧とか持病はあったものの、前の日まで元気でした。
ちょっと風邪気味だから翌日はお医者さんへ、と言っていたら、
次の朝亡くなっていました。
「虚血性心不全」とか。
隣に寝ていたバアバも気づかず、苦しんだ様子も無く。

ジイジはワンコ好きなバアバと違ってワンコが苦手。
ハイテンションパピーのスマには、なかなか近づけませんでした。
でも夏になるころには、日曜日など私が寝坊して起きると、
リビングのソファーで新聞を読むジイジの横にスマがいました。
これからもっと仲良くなれそうだったのにね。


お葬式の次の日がスマの一歳のお誕生日でした。
前に注文してあったケーキが届き、ささやかにお祝いをしました。
疲れ切った私たちも、ちょっとホンワカした気持ちになれました。



その後バアバもまだまだパピーだったスマの世話で気がまぎれ、
私も出かける時にスマがいてくれるおかげで、バアバが
一人で留守番とは少し違って、安心して出かけられたものでした。

お友達からも「スマちゃんは来るべき時に来たんだね。」って。
本当にその通り!



d0129780_2374667.jpg
あれから6年。スマのいない日常は考えられなくなりました。


これからもみんな元気で過ごそうね。
[PR]
by smp0921 | 2011-09-12 23:14 | 日常
<< 足の経過 お久しぶりです。 >>